喪主が心がけたい葬儀の流れ

見積書のチェック方法

依頼したい葬儀社が決まったら、葬儀の大まかな内容を決め、その上で見積書を提出してもらうことになります。
その見積書に目を通して、納得できれば最終的な契約に至ります。
これは、故人が亡くなった日、もしくは翌日には行う作業です。
つまり、まだ気持ちの整理もできないまま、忙しい中で行わなくてはならない作業なのです。
そのため、見積書にはあまりきちんと目を通さず、適当に説明だけを聞いて契約してしまう遺族も少なくはありません。
しかし、葬儀は非常にお金のかかることです。
そのため、どういった葬儀社でそういった葬儀をするのかということは、とても大切です。
故人にしてみても、葬儀にはあまりお金をかけたくない、自分の準備していた葬儀費用のうちにおさめて欲しいといった希望があるでしょう。
それをきちんと形にするためには、この時点で葬儀社の良し悪しはもちろん、提出された見積書の内容が妥当なものかどうかも確認しておかなくてはなりません。
そこで、ここでは葬儀についての見積もりを受け取った際に、どの部分に注目するべきかを説明しておきたいと思います。
葬儀にかかる費用は、実は3つの種類から成り立っています。
まず一つは、喪主から葬儀社に対して支払われる費用です。
この費用には葬儀を行うための色々な準備から、必要な道具のレンタル、消耗品や改葬御礼品なども含まれています。
そして、もう一つは葬儀社を通じて、火葬場や仕出しにかかる費用などを支払うものです。
この費用は、葬儀社に対して支払うのではなく、葬儀社が仲介となっている火葬場や料理やなどに支払う費用です。
そして、最後の一つは宗教関係者へ支払う費用です。
菩提寺に対して支払うお布施などが、この中に含まれます。
葬儀社からの紹介を受けて僧侶に来ていただく場合などは、葬儀社を通じてお寺にお布施をすることが多いのですが、故人の菩提寺に依頼する場合には、直接喪主から菩提寺に対してお布施をするケースもあります。
これはあくまでもお寺に対するお布施ですので、見積もりにきちんと金額を明記することは難しいと言えるでしょう。
そのため、事実上葬儀の見積もりは先に挙げた2つの種類によって成立しています。
そしてポイントは、飲食費や会葬御礼品についてです。
これらは実際に使用した分だけ代金を支払うものなのですが、そうすると見積もりの段階ではいくらなのかを知ることができません。
しかし、葬儀社の見積もりには目安となる金額が書かれていると思います。
その金額について疑問があれば、どういった規模の葬儀を前提とした金額なのか、きちんと確認しておきましょう。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.