喪主が心がけたい葬儀の流れ

葬儀社選びのポイント

病院で亡くなった場合、遺族は病院から提携している葬儀社を紹介されると思います。
遺族としては、突然の不幸に気が動転していると思いますので、多くの人が病院から紹介された葬儀社を利用しているというのが現状でしょう。
しかし、病院が提携している葬儀社が、良い葬儀社だとは限りません。
というよりもむしろ、全ての人にとって良い葬儀社というのはないと思った方が良いのです。
誰かが良い葬儀社だと思っても、自分や親族、そして何よりも故人が良いと思える葬儀が実現できるとは限りません。
そこでやはり、葬儀社選びに関しては、少しポイントを抑えておき、少なくとも病院から紹介された葬儀社の良し悪しだけでも判断できるようにしておきたいものです。
それでは、良い葬儀社を選ぶためのポイントとはどういったものでしょうか。
まず、自分たちが行いたい葬儀のスタイルに合った葬儀社を選ぶということが非常に重要です。
その項目としては、まず葬儀の規模が挙げられるでしょう。
葬儀社の中には、地元密着型の商売を行っており、比較的小さめな葬儀を得意としているところがあります。
反対に、大手の葬儀社などでは比較的大規模な葬儀を得意としているケースが多く、参列者の人数が多くなる場合などは、こちらの方が適していると言えるでしょう。
ただ、地元密着型で長年比較的小さな規模の葬儀を多くこなしてきたという葬儀社は、信頼できると言って良いと思います。
葬儀社の中には、全国に展開している大手チェーンもありますが、実はこういった地元密着型のものが非常に多いのです。
しかし、大手チェーンの進出によって、地元業者の経営は非常に厳しくなりました。
その中で生き残っている地元業者なら、信頼できるというわけです。
特に規模が小さめで、遺族や親族にとって心温まる葬儀にしたいという場合には、こういった小さな規模の葬儀社を選ぶと良いかもしれません。
また、葬儀の際には、ある程度葬儀社にリードしてもらわなくては、葬儀準備の進め方がわかりません。
しかし、あまりに葬儀社の進め方が強引な場合には、故人や遺族の意志が全く反映されていない、味気ない葬儀になってしまう可能性もあります。
そのため、葬儀社を選ぶ際には、担当者の人柄も重要です。
「できるだけ遺族の声を聞こう」という意識が高い葬儀社スタッフがいるところなら、忙しい準備の中でも、しっかりと打ち合わせを行い、結果として良い葬儀が実現できるでしょう。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.