喪主が心がけたい葬儀の流れ

喪主の決定と葬儀の打ち合わせ

危篤の連絡を受けてから、死亡確認、葬儀社への連絡、そして遺体の搬送、安置など、危篤から遺体安置までにもするべきことはたくさんあります。
しかし、そういった色々な作業を、喪主が一人で仕切らなくてはならないというわけではありません。
そもそも、喪主とはその葬儀の主となる人のことですが、実際に葬儀を執り行うための決定権を握っているという意味合いが強いと言えます。
具体的に細かい事項を確認する場合、最終的に決断を下すのは喪主です。
しかし、葬儀社との打ち合わせ前にも遺体の搬送や安置に関する多くの作業があり、これらは遺族が協力して行った方がスムーズです。
むしろ、こいうった作業に関しては喪主以外の人が行い、喪主は葬儀社との連絡や打ち合わせに時間を費やした方が、喪主も他の遺族にとっても負担が軽減できるかもしれません。
ところで、喪主はどのように選べば良いのでしょうか。
基本的には、喪主は故人との最も縁の深い人が務めるものですが、決まりはこれといってありません。
全く縁者がいない人の場合には、友人が喪主を務めるケースもありますので、故人に縁の深い人で話し合って決めることになります。
喪主が決まったら、葬儀社との具体的な打ち合わせが始まります。
まず相談することは、通夜と葬儀の形式や日時、場所といった基本的な内容です。
このとき、故人の菩提寺に連絡しなくてはなりません。
菩提寺がなければ葬儀社がお付き合いをしているお寺に依頼することもできますが、菩提寺がある場合にはそちらへ依頼することになります。
お通夜までには戒名が必要になりますので、必ず葬儀社との打ち合わせと並行して、菩提寺にも連絡をしておきましょう。
そして、葬儀と打ち合わせを進めていくと、葬儀の規模や場所、日時、場所などが決まってきます。
そうすると、手伝いを依頼する人の人数や、必要な準備の詳細がわかってきますので、もしも手伝いを依頼する場合などは早めに連絡しておきます。
また、喪主以外の遺族が行っても良いのですが、このタイミングで死亡や葬儀の連絡を行います。
死亡を知らせるべき相手は故人の意志にもよりますが、一般的には親族、友人、知人、勤務先、町内会などでしょう。
死亡日時や死因などを伝え、葬儀の日程がすでに決まっていればその内容を伝えます。
全員に遺族がそれぞれ連絡を取る必要なないと言えるでしょう。
誰かに代表者となってもらい、その代表者から友人や知人などのグループに連絡を回してもらいます。

話題のこのネタ、このサイトがイチオシです

  • お悔やみの気持ちを弔電で伝えるならFor-Denpo。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.