喪主が心がけたい葬儀の流れ

遺体の安置と搬送について

亡くなる人の多くは、救急の患者として病院に運び込まれるか、病気や怪我によってもともと入院して治療を受けているかのどちらかだと思います。
そのため、多くの人が亡くなるときを病院で迎えることになります。
病院で死亡が確認された場合、その場に医師がいますので死因などはすぐにきちんと確認することができます。
そこで、亡くなってからすぐに死亡診断書が発行され、遺族は死亡届を出すことができます。
自宅など、病院以外の場所で亡くなった場合、すぐに主治医の診断を受けることができれば病院と同じ条件になりますが、もしも主治医がいない場合には、警察による現場検証が必要になることもあります。
それでは、死亡が確認されたあとの、遺体の安置と搬送について解説しておきましょう。
まずは、病院で亡くなった場合についてです。
病院で亡くなった場合、それほど長く遺体を病院に置いておくわけにはいきません。
そのため、速やかにどこへ遺体を搬送するのかを決めなくてはならず、このとき葬儀社とコンタクトを取ることになるでしょう。
葬儀社にも遺体安置所があり、そこへ遺体を一時保管してもらうことはできますが、多くの場合には一旦遺体を自宅に運び、家族と一緒に最期の時を過ごします。
この遺体の搬送を行う葬儀社についてですが、病院では葬儀社と提携しているところも少なくはありません。
そのため、亡くなった病院から葬儀社を紹介されるケースも多いのですが、必ずその葬儀社を使わなくてはならないというわけではありませんので、他に心当たりの葬儀社がある、故人が指定した葬儀社があるといった場合には、病院からの紹介は断って構いません。
まずは遺体の搬送をある葬儀社に依頼し、その後葬儀を行う葬儀社を検討するという方法もありますが、やはり手間のことを考えれば葬儀を行う葬儀社に搬送も任せた方が良いでしょう。
葬儀社に搬送を依頼すると、死化粧や死装束の着付けまで行ってもらえるケースがほとんどですが、自宅で亡くなった場合には遺族で行わなくてはなりません。
まず遺体に死化粧を施し、白い死装束を着せます。
本来は白の一般的な死装束を着せるのですが、近年ではお気に入りのスーツなど、故人の好きな衣装を着せることもあります。
枕は北か西に配し、顔は白布で覆います。
枕飾りには小さな机を準備し、線香や花などを供えます。
こういった遺体の安置方法などは、やはり知らないことも多いと思います。
自宅で亡くなった場合にも、死亡が確認されたあとに葬儀社に連絡をして、遺体安置に関するアドバイスをもらうのは一つの方法だと思います。

話題のこのネタ、このサイトがイチオシです

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.