喪主が心がけたい葬儀の流れ

危篤の報せを受けた後の対応

おそらく、非常に近しい人が危篤だという報せを受けたら、近親者はまず動揺してしまうと思います。
もしそういった事態になった場合には、何よりも危篤となっている人のもとへ駆けつけることと、その人と親交の深かった人に危篤の連絡を入れることを優先しなくてはなりません。
親交の深かった人や親族などに連絡を入れる場合、例え深夜や早朝といった普段なら連絡すれば失礼にあたるような時間帯でも、このときだけは時間にかかわらずすぐに連絡を入れます。
ときには、1分1秒を争うという状況になることもありますので、そういった場合にできるだけ迅速に動くことができるように、家族で声を掛け合いながら連絡をスムーズに行うことを心がけましょう。
そして、死亡が確認されると、医師から死亡診断書が提出されます。
この死亡診断書は後々必要となる場面も多いですので、受け取ったあとは紛失しないように、きちんと保管しておきましょう。
死亡した場所として最も多いのは病院だと思います。
病院で死亡した場合には、病院のスタッフが遺体のお清めを行ってくれますので、その処置が済んだ後で遺族が遺体を引き取ります。
病室から一旦霊安室に移されるケースもありますが、できるだけ遺体の引き取りを行うように心がけましょう。
また、遺体を引き取る際には、病院への医療費や入院費の精算、故人の私物整理なども一緒に行います。
そのため、時間がかかりすぎないように数名で病院へ出向いて、作業を手分けすると良いでしょう。
また、遺体を引き取る際には、一旦自宅へ引き取るケースもありますが、最近では葬儀社に連絡をして、病院から直接斎場へ運ぶケースも多くなっています。
この場合、遺体の引き取りに関しては葬儀社スタッフに任せることも可能ですが、それでも必ず付き添いは必要ですので、遺族から誰かがついていくようにします。
また、病院でお世話になった方々へのお礼は、このタイミングで行うのが一番良いと思います。
遺体の引き取りが終了するまでに、きちんとお礼を申し述べておきましょう。
さらに、最近では自宅で最期を迎えたいと希望して、病状が悪化してからは、自宅へ帰って療養を続けるケースも多くなっています。
そういった場合、死亡する場所は自宅となるため、死亡したらすぐに主治医を呼んで死亡診断をしてもらわなくてはなりません。
主治医による診断を受けられない場合は病気による自然死であることが確認できないため、まずは警察を呼んで現場検証を行わなくてはなりません。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.