喪主が心がけたい葬儀の流れ

色々なスタイルの葬儀について

実際に、現在日本において行われている葬儀には、色々なスタイルがあります。
そのバリエーションを知っておくことで、突然喪主になった場合でも落ち着いて対応できるようになると思いますので、ここで一部紹介しておきましょう。
まず、近年増えているのが、直葬と呼ばれるスタイルです。
こちらは、葬儀は行わない弔いのスタイルですので、厳密に言えば葬儀とは違います。
本来は、身寄りが全くない人の場合や経済的な理由から葬儀を行うことが難しい場合などに、直葬として火葬だけを行っていました。
しかし、近年では遺族がいても、経済的な負担を考えて直葬を望むケースも増えているそうです。
ただ火葬だけを行う無宗教による直葬もありますが、希望があれば火葬場まで僧侶に足を運んでもらい、読経してもらうことも可能です。
直葬を行う場合、家族などの近親者以外には、故人との別れを惜しむ場がありません。
そのため、亡くなったことを伝えるのはもちろんですが、葬儀を行わないということも伝えておかなくては、「葬儀の知らせが来なかった」ということにもなりかねません。
このあたりの配慮は忘れないようにしたいところです。
また、最近では生前葬を希望する人も増えているそうです。
自分が亡くなった後の遺族のことを色々と考える人が増えているからでしょうか。
また、生前葬の場合には自分の希望通りの葬儀ができることに加え、本当に感謝の言葉を伝えたい相手に対して、自分の口からきちんと伝えておくことができます。
この点は生前葬の大きな魅力となっているようです。
どれだけ遺族に念を押しておいても、本当にその通りに葬儀が運べるたかどうかは、故人には残念ながら見届けられません。
生前葬ではそういった心配をすることなく最後の日を迎えられるという点で、非常に魅力的なスタイルだと言えるでしょう。
さらに、散骨や樹木葬を希望する人も増えています。
山、海、川といった場所に遺骨をまき、自然に帰すことを自然葬と呼んでいます。
また、樹木葬の場合には、墓地としての認定を受けた土地、主に山中に遺骨を埋め、そこへ故人の希望などによって決められた樹木を植えて埋葬とする方法です。
この場合、埋葬ということになりますので、墓地と認められている場所にしか遺骨を埋めることはできません。
遺骨の埋葬場所に関しては、法律や条令による取り決めも多くなっていますので、一般的な仏式の葬儀以外の方法を選んだ場合には、そういった決まり事に関してもチェックして必要があります。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.