喪主が心がけたい葬儀の流れ

葬儀の種類

さて、喪主になったときに困らないためには、葬儀とはどのように進められていくものなのか、そういった流れを把握しておく必要があるでしょう。
しかし、葬儀と言っても、その種類は一つだけではありません。
現在日本人のほとんどが仏式の葬儀を行っています。
仏式の葬儀は僧侶が読経を行うというスタイルが基本ですが、その執り行い方に関して言えば、色々な種類があります。
また、近年では故人の希望に沿って、仏式以外の形式で執り行われる葬儀も増えています。
例えば、神道式、キリスト教式といった故人の振興していた宗教による葬儀もあれば、無宗教の葬儀も可能となっています。
音楽葬や自由葬といったスタイルのものもありますし、お別れ会などと呼ばれる非常にうち解けた雰囲気の葬儀も近年では人気が高まっています。
また、葬儀の場合には、その規模も大きな問題となります。
家族だけでひっそりと葬儀を執り行いたいと考える人が増えているため、故人の生前の意向に沿って、密葬や家族葬を行うケースも多くなっています。
このように、葬儀と言ってもその種類は非常に豊富です。
また、葬儀とともに故人を送るために行われる儀式にも、色々な種類があります。
例えば、葬儀と一緒に行われるケースが多いのは告別式です。
葬儀と告別式を混同している人も多いようですが、厳密に言えばこれら2つは別の儀式で、葬儀は僧侶の読経などを行う宗教的な儀式であり、告別式は故人と残された人たちとの最後の別れのセレモニーであると区別することができます。
葬儀と呼ばれるものは、基本的には宗教に則った儀式となります。
そのため、もしも無宗教での葬儀を執り行うという場合には、告別式のみということになるでしょう。
ただ、この葬儀と告別式を分けて行うケースは、一般的には非常に稀です。
特に故人が大規模な葬儀を希望している場合以外には、葬儀と告別式は同じ日に、一緒に行います。
また、葬儀の前には、通夜も行われています。
通夜とは、昔は葬儀の前夜に故人の家族や非常に親しい友人などが集まり、一晩中故人と一緒に過ごすというものでした。
しかし、近年では日中の葬儀には仕事などでは来られないという人たちが、都合の付けやすい通夜に訪れ、故人との別れを偲ぶといった意味合いが強くなっています。
また、亡くなってからすぐに通夜ができず、通夜までの日数が開いてしまう場合には、仮通夜を行うケースもあります。
仮通夜では故人の近親者が遺体とともに一晩を過ごします。

Copyright (C)2017喪主が心がけたい葬儀の流れ.All rights reserved.